給食通信(十一月)

更新日:2021年12月01日

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

☆使用食材の詳細は、献立表十一月をご覧ください。

★学校給食摂取基準に沿った食塩相当量(1食2.5g未満)になるように努めています。

11月1日(月曜日) 【ご飯 牛乳 鶏肉のレモン煮 切り干し大根とひじきの煮物 スンドゥブ)

11月1日

11月は「彩の国ふるさと学校給食月間」です。実りの秋、本市でも地場産の野菜を多く使った給食を出す予定です。また、給食のお米も11月から新米となりました。もりもり食べて元気に活動してもらいたいと思います。

今日は、お弁当のおかずにも重宝する「鶏肉のレモン煮」を紹介します。

1 鶏肉の切り身は酒を振り臭みをとる。

2 1の汁気を切り、片栗粉とおからパウダーを合わせた粉をつけて揚げる。

3 水・砂糖・醤油を煮立てレモン汁を加えたたれに揚げた鶏肉をからめる。

おからパウダーを使うと、余分な水分を吸い粉の使用を控えることができ、カラッと揚がります。

11月2日(火曜日) 【カレーピラフのホワイトソースがけ 牛乳 大根のミネストラスープ ブルーベリータルト】

11月2日

大根は、寒さが厳しくなると甘みが増してきます。今日は大根を角切りにし、一度茹でて臭みを取ってかトマト味のスープに入れました。

11月4日(木曜日) 【北本野菜のカレーライス 牛乳 白菜スープ ぶどうゼリー】

11月4日

11月3日は、北本市市制50周年でした。今日は北本市の小中学校全校で北本野菜を使ったカレーを出しました。カレーの人参、大根、さつま芋、スープに使用した白菜が北本産の野菜です。

11月5日(金曜日) 【小松菜豚味噌丼 牛乳 華風コーンスープ 菊花みかん】

11月5日

「小松菜」は、東京と江戸川区の小松川というところが産地のため「小松菜」という名前がつきました。種をまいて3週間ほどで収穫でき、寒さに強い緑黄色野菜です。今日はカルシウム豊富な小松菜を28キログラム使いご飯のあんにしました。

11月8日(月曜日) 【ご飯 牛乳 揚げ大根のピリ辛炒め すいとん汁】

11月8日

11月は彩の国ふるさと学校給食月間です。今週は、地場産物強化週間として北本産の野菜をたくさん使用します。

今日は、すいとん汁の地粉はもちろんのこと、大根、人参、ねぎ、白菜が北本産です。

11月9日(火曜日) 【黒パン 牛乳 里芋のミートソース煮 クラムチャウダ】

11月9日

今日は、北本産の里芋を使ったミートソース煮を作りました。里芋はぬめりがあるので、切るのに苦戦しますが、4人で処理してくれました。

一度素揚げしてから、よく煮込んだミートソースに加えました。食物繊維が摂れるように挽き肉と刻んだ大豆を使用しています。

11月10日(水曜日) 【かて飯 牛乳 ゼリーフライ ほうれん草のごま和え 豚汁】

11月10日

「かて飯」は、埼玉県の郷土料理です。米を十分に食べられなたっ化時代に、色々な具「かて」を混ぜ合わせて全体量を増やしたのが名前の由来となっています。今回の「かて」は、油揚げ、干し椎茸、小松菜、筍、ずいきです。

「ずいき」は里芋などの茎です。アクが強いので一度下茹でしてから炒めて味付けし米と一緒に炊き込んでいます。

11月11日(木曜日) 【五目ラーメン 牛乳 鶏つくねとえのき茸のしゅうまい 枝豆サラダ】

11月11日

今日は、大きな手作り焼売を作りました。鶏挽き肉18キログラム、玉ねぎ7キログラム、豆腐20丁、えのき茸2キログラムに生姜汁と調味料を加えてよく練り合わせ、丸めて皮に包み蒸しました。

鶏挽き肉と豆腐を使っているので、あっさりとした仕上がりになります。

11月12日(金曜日) 【焼き鳥丼 牛乳 白菜の味噌汁】

11月12日

「焼き鳥丼」は、酒をふっておいた鶏肉と長ねぎを焼き付けるように炒め、素揚げしたさつま芋と高野豆腐を加えて甘辛く煮た具をご飯にかけました。

学校給食では、大きな釜で調理するため焼き目がつきませんが、家庭では、フライパンやグリルで表面を焼いて作ると、香ばしがさらに美味さをますと思います。

11月15日(月曜日) 【ご飯 牛乳 鶏肉と大豆のオイスターソース煮 春雨スープ 牛乳プリン】

11月15日

今日はたんぱく質豊富な鶏肉と大豆を使った「オイスターソース煮」を作りました。材料は鶏肉、大豆、エリンギ、長ねぎ、生姜、酒、砂糖、醤油、オイスターソース、片栗粉、油だけなので手軽に作ることが出来ます。

エリンギの代わりに、しめじや生の椎茸などを使っても旨味が出て美味しく仕上がります。

11月16日(火曜日) 【きな粉揚げパン 牛乳 ブロッコリーサラダ トマトのクリームスープ】

11月16日

学校給食のパンは、埼玉県内の小麦とアメリカやカナダ産の小麦を使って作られています。

昔から、学校給食の人気メニューのひとつ「揚げパン」は、高温の油で短時間揚げたパンに粉をまぶして作ります。調理時間は短いのですが、パンを運んで入れる人、浮力に負けないように籠で抑えながらパンを揚げて温度確認する人、パンに粉をまぶして数える人、食缶の用意を手際よくしながら数を確認し運ぶ人の連係プレーが大切になる料理です。

11月17日(水曜日) 【ご飯 牛乳 おろしハンバーグ ツナと白滝のカレー炒め 豆腐の五目スープ】

11月17日

すき焼きに欠かせない、白滝を使った炒め物を紹介します。

1 鍋に油とみじん切りにしたにんにくを熱し、千切り人参を炒める。

2 人参がしんなりしたら、下茹でした白滝を加えて炒め、鮪の油漬けを加えます。

3 スプストック、醤油、カレー粉で調味し、仕上げにいんげんを加えます。

冷えても美味しくいただけます。お弁当のおかずにいかがでしょう。

11月18日(木曜日) 【ごま味うどん 牛乳 ポテトコロッケ 野菜サラダ】

11月18日

学校給食のうどんは、埼玉県産小麦100%を使用しています。埼玉県は小麦の産地として全国的にも有名です。昔から、家庭でうどんを打ったり、まんじゅうを作ったり、すいとんにしたりと様々な料理に形をかえ親しまれています。

11月19日(金曜日) 【ご飯 牛乳 鯖の塩焼き 筑前煮 大根の味噌汁】

11月19日

「味噌」は、日本人にはなくてはならない調味料です。学校給食の味噌は、埼玉県産の大豆と米から作られているものを使用しています。

昔は、各家庭で味噌を手作りしていて、自分の家の味噌が一番おいしいと自慢したところから生まれた言葉が「手前みそ」というように、生活の中に味噌が溶け込んでいたことが分かります。

だしをきかせることで、味噌を控え塩分を抑えることが出来るので、おいしいだしをとり味噌の風味を味わいましょう。

11月22日(月曜日) 【中華おこわ 牛乳 春巻き 青梗菜のスープ】

11月22日

私たちが普段食べているご飯は「うるち米」という半透明の米です。今日のおこわや赤飯などに使う米は「もち米」です。アミロペクチン100%で乳白色で丸みを帯びています。加熱すると粘り気が出るのが特徴です。

今日は、「うるち米」と「もち米」を合わせて中華おこわを炊きました。

11月24日(水曜日) 【ご飯 牛乳 鶏肉とさつま芋の旨煮 せんべい汁】

11月24日

「せんべい汁」は、岩手県や青森県の郷土料理のひとつです。鶏肉やきのこ、野菜の入った醤油仕立ての汁に「せんべい」を入れたものです。

「せんべい」は、江戸時代後期に江戸の食文化が五穀中心の食文化になった影響を受け、岩手県や青森県では独自の「麦・蕎麦食文化」を継承し誕生したといわれます。

学校給食では、汁用のかやきせんべいを煮込んで作りました。

11月25日(木曜日) 【スパッゲティナポリタン 牛乳 チキンサラダ 長ねぎのクリームスープ】

11月25日

埼玉県深谷市は「深谷ねぎ」の産地として全国的に知られています。薬味など香りを添えて料理を引き立てる役割の多い「ねぎ」をたっぷり使い、油で炒めてクリームスープにしました。

「ねぎ」は、香りだけでなく、血行を良くする作用があるので、寒くなる季節、鍋料理や汁物の他にも焼いたり、煮たりして「ねぎ」をたくさん食べたいですね。

11月26日(金曜日) 【ドライカレーライス 牛乳 コンソメスープ ヨーグルト】

11月26日

学校給食のカレーは、カレー粉を炒めてルウを作ります。今日のドライカレーは、にんにく、生姜、挽き肉、玉ねぎ、人参をよく炒めてカレー粉と小麦粉を振り入れ、調味料を加えて作りました。戻して刻んだレーズンを加えているので、後味が甘いカレーに仕上がります。

11月29日(月曜日) 【ご飯 牛乳 酢豚 ワンタンスープ】

11月29日

今月は、彩の国ふるさと学校給食月間です。1カ月間埼玉県の様々な食品や料理について取り上げてきました。学校給食を通して食べることの意味や食べることが出来るありがたさを理解し、多くのことに目を向けられる人に育ってもらいたいと願いながら、毎日、心を込めて調理員さんは庁してくださっています。

11月30日(火曜日) 【アーモンドトースト 牛乳 肉団子のトマト煮 白菜のクリームスープ】

11月30日

「アーモンド」に含まれるビタミンEは、血液の流れをよくし、廊下を抑える働きがあります。また、目や鼻、のどなどの粘膜を保護するビタミンB群も豊富に含む食品です。

今日は、給食室でパン1枚1枚にアーモンドマーガリンを塗り、スライスアーモンドを散らして焼いた「アーモンドトースト」を作りました。

1枚の天板に食パンが8枚しか並べられないため、オーブンを5回転し焼きました。

お問い合わせ先

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969