給食通信(九月)

更新日:2021年09月29日

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

使用食材の詳細は、献立表九月をご覧ください。

 

9月2日(木曜日) 【ツイストパン 牛乳 肉団子のトマト煮 コーンポタージュ ぶどうゼリー】

9月2日

長い夏休みも、家庭で牛乳やヨーグルトを摂るように心掛けていたでしょうか?学校給食では、成長期に特に多く必要とされるカルシウムの多い食品を献立に取り入れています。今日は、牛乳と脱脂粉乳を使ったコーンポタージュです。これからも、積極的にカルシウムを摂りましょう。

9月3日(金曜日) 【ご飯 牛乳 ホキの南蛮漬け 春雨サラダ 豆腐の味噌汁】

9月3日

ご飯は、体を動かすエネルギーのもとになります。食物繊維やたん白質、鉄も含む栄養豊富な食品です。また、色々な味付けの料理との相性も良いので、和洋中問わず食べることが出来るのも、ご飯の良さのひとつです。

ご飯を少なくして、おかずばかり食べてしまうと、油分や塩分を摂りすぎてしまいます。ご飯をしっかり食べて健康的な食生活を送りましょう。

9月6日(月曜日) 【切り干し大根のスタミナ丼 f牛乳 ワンタンスープ 梨】

9月6日

今日は、北本梨組合の「豊水」が出ています。みずみずしく、甘酸っぱい梨は残暑の季節にぴったりな果物です。

給食室では、ひとつひとつ洗い、160個の梨の皮をむき芯取りし、カットしました。冷たい状態で食べてもらえるようワゴンを押し出す間際まで冷蔵庫で冷やしました。

9月7日(火曜日) 【ハヤシライス 牛乳 野菜スープ】

9月7日

肉と玉ねぎをしっかり炒めて煮込んだハヤシライスです。スープにキャベツや人参、玉ねぎ、じゃが芋、セロリ、椎茸を使い、今日は野菜たっぷりな洋食献立になりました。1人あたり185gの使用となっています。

9月8日(水曜日) 【キムチ炒飯 牛乳 メンチカツ 豆腐の五目スープ】

9月8日

キムチは、韓国で生まれた発酵食品です。韓国の食生活にとっては欠かすことのできないもので

家族総動員でキムチを漬ける文化もあるそうです。

キムチは、そのまま食べてもおいしいですが、炒めることで更に旨味が増します。今日は豚肉や野菜と一緒に炒めて炒飯にしました。

9月9日(木曜日) 【きつねうどん 牛乳 青のりポテトビーンズ 冷凍みかん】

9月9日

大豆は、畑のお肉と呼ばれるほど栄養価の高い食品です。日本では味噌や醤油、豆腐や納豆など様々な大豆の加工品もあり、毎日の食事の中にうまく取り入れてきました。

今日は乾燥大豆を下茹でし、片栗粉をまぶして油で揚げ、素揚げしたじゃが芋やちりめんじゃこと一緒に青のりで和えました。

お家で作る際は、じゃこに塩分をみて、塩を加えてください。

9月10日(金曜日) 【ご飯 牛乳 和風ハンバーグ 大豆の磯煮 どさんこ汁】

9月10日

「道産子」は、元々は北海道原産の馬をさす言葉ですが、今では北海道出身の人に対しても使うようになりました。今日は、生徒に人気の「どさんこ汁」は、北海道が主産地のじゃが芋、人参、玉ねぎ、とうもろこしを使ったみそ仕立ての汁物です。仕上げにバターを加えてコクを加えています。

9月13日(月曜日) 【ご飯 牛乳 ポークジンジャー キャベツの味噌汁 卯の花チーズ蒸しパン 】

9月13日

「卯の花(おから)」は、、豆乳を搾った残りかすですが、食物繊維やカルシウムを豊富に含んでいます。給食では、栄養豊富な卯の花を使い、蒸しパンを手作りしました。油や生クリームを加えることでしっとりした仕上がりになります。

9月14日(火曜日) 【黒パン 牛乳 トルティージャ 花野菜のアーリオオーリオ パンプキンポタージュ】

9月14日

イタリア語で「アーリオ」はニンニク、「オーリオ」は油を意味します。ニンニクオイルを使用した料理を「アーリオオーリオ」といい、ここに唐辛子が加わると「ペペロンチーノ」になり、パスタ料理のソースになります。

今日の「トルティージャ」は、給食室で手作りしました。簡単に作り方を紹介します。

1 じゃが芋48キログラムを硬めに茹でます。

2 ニンニクをオリーブオイルで炒めてじっくり香りを出し、ベーコンと玉ねぎを炒めて塩と胡椒で味付けします。

3 じゃが芋を2に加えて合わせます。

4 ホテルパンにクッキングシートを敷き、3の具を入れて溶き卵を流し入れます。とろけるチーズをのせ予備加熱したオーブンで焼きます。(200℃ 20分目安)

5 粗熱が取れたら、クッキングシートをはがし切り分けます。

6 煮たてたケチャップソースを添えます。

9月15日(水曜日) 【ご飯 牛乳 鰯の煮付け 切り干し大根の五目煮 豚汁】

9月15日

今日は和食の献立です。季節も移り変わりさわやかな陽気になってきました。カルシウム豊富な魚や切り干し大根を使った料理を残さず食べて元気に過ごしてもらえたらと思います。

給食では、塩分を控えるようにだしを濃くとって汁物に使用しています。ご家庭でも鰹節や昆布、椎茸など料理によってだしを使い分け素材のうま味を味わってください。

9月16日(木曜日) 【担々豆腐麺 牛乳 揚げ餃子 枝豆サラダ】

9月16日

「担々麺」は、中国四川料理のひとつで辛さが特徴になります。元々は天秤棒を担ぎ、片方の桶には炭と七輪、もう片方の桶には麺と調味料と食器を入れて持ち歩いていました。その場で調理して売り歩くためには、大量のお湯を持ち運ぶことが困難なので、汁なし担々麺が主流だったといわれます。今日は、コクと香りをだすために仕上げに練りごまを加えました。

9月17日(金曜日) 【ナン キーマカレー 牛乳 ブロッコリーサラダ キャベツとウインナーのスープ】

9月17日

今月はインド料理を紹介しています。今日はナンとキーマカレーです。給食のキーマカレーの作り方を紹介します。

1 油、にんにく、生姜を炒めて香りを出し、挽き肉を炒めます。ここでカレー粉半量を加えて肉の匂いを消します。

2 人参、玉ねぎを加えて透き通るまで炒めてマッシュルームとひよこ豆を加えます。

3 トマトと調味料を加えて炒めて小麦粉とカレー粉を振り入れます。

4 じっくり煮込み、ピーマンとガラムマサラを入れて出来上がりです。

野菜の水分だけで、じっくり煮込むと甘みのある深い味に仕上がります。

今日は、野菜たっぷり献立です。調理開始間際まで切裁作業が続きました。調理員さんは生徒たちの喜ぶ顔を思い浮かべて日々働いてくださっています。

9月21日(火曜日) 【鶏ごぼうご飯 牛乳 かれいの竜田揚げ 小松菜のごま和え いもっこ汁 お月見大福】

9月21日

今日は中秋の名月、十五夜です。十五夜には美しい月を眺め、収穫した作物をお供えします。

日本では、縄文時代から食べられている里芋を使ったいもっこ汁を作りました。自然の恵みに感謝して残さず食べましょう。

9月22日(水曜日) 【ご飯 牛乳 厚揚げのピリ辛炒め 青梗菜のスープ】

9月22日

「生揚げ」は、豆腐を厚揚げより厚く切り、水気を切って油で揚げた豆腐の加工品です。180℃位の油で一度揚げるので豆腐の食感があります。今日は、豚肉や野菜と一緒に炒めピリ辛味にしました。

9月24日(金曜日) 【ご飯 牛乳 鶏の唐揚げ2個 ポテトサラダ 雷汁】

9月24日

人気メニューのひとつ「鶏の唐揚げ」には、給食ならではの工夫があります。

1 肉を軟らかくするためにすりおろした玉ねぎを下味につかいます。

2 食物繊維が豊富なおからパウダーを片栗粉に混ぜて付けることで、カラッと揚がります。

大量調理では、下味の水分を切りひとつずつ粉をまぶして揚げるのに時間を要します。片栗粉や小麦粉を付けた場合、粉をたくさん付けないとすぐにべたついてしまいます。おからを加えることで粉の使用量が減り、くっつきにくいという利点があります。栄養強化のため使用していたおからですが、今では揚げ物の衣に重宝しています。

9月27日(月曜日) 【ご飯 牛乳 麻婆豆腐 中華スープ レモンのムース】

9月27日

給食の汁物は、具だくさんです。今日の中華スープにも人参、木耳、もやし、キャベツを使いました。ほぼ毎日出る汁物をしっかり食べることで、たくさんの量の野菜を摂取することが出来ます。

 

9月28日(火曜日) 【コーンピラフ 牛乳 チーズオムレツ チキンサラダ 冬瓜のミネストラスープ】

9月28日

今日は北本市で栽培された冬瓜を使ったミネストラスープです。皮をむき角切りした冬瓜は一度下茹でしてからスープに入れるので、味がしみやすくとろっとした仕上がりになりました。トマトを加えてからじっくり煮て酸味を飛ばし、丁寧にアクをとるとうまみが濃厚になります。

9月29日(水曜日) 【ご飯 牛乳 鯖のガーリック焼き 肉じゃが 味噌キムチスープ】

9月29日

秋は、鯖や秋刀魚など脂がのっておいしくなる季節です。青魚は血合いが多く、私達の体に吸収されやすい形で鉄が多く含まれます。血合いは皮と肉の間に多く含まれるので苦手でなければ皮まで食べたいですね。

お問い合わせ先

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969