給食通信(七月)

更新日:2021年03月31日

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

★使用食材の詳細は、献立表をご覧ください。

★学校給食摂取基準に沿った食塩相当量(1食2.5g未満)になるように努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(木曜日) 【鶏南蛮うどん 牛乳 味噌ポテト ブロッコリーサラダ】

 

7月1日

うずらは生育が早く、鶏に比べると病気に強いと言われます。日本では愛知県がうずら卵の生産量が多く、たくさん食べられています。今日は濃く取っただし汁で鶏肉や野菜と一緒にうずら卵を煮てうどんの汁にしました。

7月2日(金曜日) 【カラフル野菜と豆腐のドライカレーライス 牛乳 クラムチャウダー】

7月2日

今日はビタミンや食物繊維豊富な野菜と、たんぱく質とカルシウム豊富な豆腐を炒めて作るドライカレーを紹介します。

1 鍋に油とみじんに切った生姜、にんにくを入れ炒め香りが出たら挽き肉を加えてほぐし炒めます。(ここで胡椒を振ると肉の臭みが消えます)

2 粗みじんに切った人参、玉ねぎを加えてよく炒めます。玉ねぎが透き通ったら豆腐を加えて炒めます。(豆腐がなめらかになるように炒めます)

3 ざく切りしたトマトを加え煮込み、アクを取ります。

4 小麦粉とカレー粉を振り入れ、調味料を加えて煮込み、とうもろこし、枝豆、角切りに切ったピーマンを加えます。

5 ご飯にかけて出来上がり。

 

7月5日(月曜日) 【ご飯 牛乳 グルクンの竜田揚げ ゴーヤチャンプル もずくの味噌汁】

7月5日

今日は、沖縄料理です。暑さの厳しい沖縄県ですが、元気ではつらつとされています。きっとそのパワーの秘密は食事にあるかもしれません。沖縄料理でパワーを付けて元気に過ごしてもらえるように願いを込めた献立です。

夏野菜のにがうり(ゴーヤ)は、その苦みが特徴ですが、苦手にする生徒もいます。一度下茹でしてから具と合わせることで食べやすく調理しました。1年生にもおかわりする姿も見られました。

7月6日(火曜日) 【シュガートースト 牛乳 ポークビーンズ コーンポタージュ】

7月6日

給食室でひと手間かけて、シュガートーストを作りました。焼きあがったトーストの甘い香りを教室に届けたいと思いながら、調理作業が続きました。蒸し暑く食欲が落ちてきていますが、しっかり食べてエネルギーを摂ってもらいたいと思います。

7月7日(水曜日) 【夏野菜の炊き込みご飯 牛乳 メンチカツ コンソメスープ 手作りぶどうゼリー】

7月7日

今日は七夕です。北本市の中学校では毎年、星形のナタデココを使い夜空の星に見立てたゼリーを手作りしています。ひとつひとつナタデココとゼリー液を入れ冷やします。

炊き込みご飯の南瓜も崩れないように素揚げして加えました。調理室の中も調理員さんの熱気で暑くなっていました。

7月8日(木曜日) 【担々豆腐麺 牛乳 枝豆 キャロットケーキ】

7月8日

夏野菜「枝豆」の緑と「キャロットケーキ」のオレンジがお皿を彩りました。玉子焼きのように見えますが、キャロットケーキも給食室で手作りしています。

7月9日(金曜日) 【ご飯 牛乳 かんぱちの照り焼き 小松菜のお浸し 豚汁 冷凍みかん】

7月9日

今日は、鹿児島県産養殖カンパチ「海の桜勘」の照り焼きです。このカンパチはえさに鹿児島県産のお茶を加えているそうで、魚臭さもなく脂がのっていてとても美味しかったです。

昨年度も緊急補助事業で食材をいただきましたが、今回のカンパチも国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業によりいただいたものになります。

高級な食材を食べる機会を生徒にいただき感謝します。生徒たちには、食べ物の味が分かる大人になってほしいと思います。

7月12日(月曜日) 【切り干し大根のスタミナ丼 牛乳 じゃが芋のチゲスープ レモンムース】

7月12日

湿度と気温の高さで睡眠不足、体がだるいという人もいるのではないでしょうか?暑さに負けない元気な体でいるために、夏野菜をたっぷり食べてミネラルやビタミン補給しましょう。さらに食べ物の栄養を効率よくエネルギーに換えるビタミンB1の多い、豚肉や納豆を食べましょう。さらに疲労回復の働きをするクエン酸の多い柑橘類や料理に酢を使うと効果的です。

お問い合わせ先

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969